機構運動解析

遊星歯車の機構運動解析 自動車のオートマチックトランスミッションやハイブリット自動車の動力 分配に用いられる遊星歯車機構の高効率化・静粛化を目的として機 構運動解析を行っています.歯車のかみ合い接触や歯および軸受の 弾性変形を考慮した3次元の機構運動解析モデルを開発し,実働状 態における伝達効率と発生する振動を精度良く予測します.また開 発した解析モデルを用いて高効率化・静粛化を実現する設計諸元を 導出します.遊星歯車は現在から将来に渡る動力伝達機構の基幹部 品であるため,世界規模で環境・エネルギー問題に貢献することに なります.

自動車用ねじり振動ダンパーの研究開発 自動車産業では省燃費技術の開発が活発に行われており,パワート レインにおいてはエンエンジンの小型化とターボ過給により燃費性能 を向上させる技術が開発されています.エンジンの小型化では少気筒 化が有効ですが,これによりエンジンからのトルク変動が大きくなり ,NV性能は悪化します.本研究ではこのトルク変動により発生したね じり振動を低減させるための安価で小型な新型ダンパー機構の研究 開発に取り組んでいます.

ベビーカーの快適性向上に関する研究 近年,ベビーカー走行時の振動による乳幼児へのストレ スが問題となっています.路面状況に応じて移動中は常 に振動に暴露されており,この振動低減は乳幼児のスト レス軽減だけでなく,操作者の疲労軽減に直結すると考 えられます.ベビーカーの性能改善を効率良く行うため には精度の良いシミュレーションモデルが必要です.そ こで,ベビーカーの各部品の弾性変形や路面との接触を 考慮した3次元モデルや路面状況を再現する疑似路面を 作成し,様々な条件下でシミュレーションを行い,最 適設計諸元を探索しています